ピロリ菌でノーベル賞

ピロリ菌の発見でノーベル賞と知って、少し興奮した。

つい数日前に、ピロリ菌について、ブログに書いていたから。

スウェーデンのカロリンスカ医科大学が10月3日、今年のノーベル医学生理学賞をオーストラリアのバリー・マーシャルにしオーストラリア大学教授(54)と病院専門医ロビン・ウォーレン博士(68)に贈ると発表した。

理由はピロリ菌が胃潰瘍(かいよう)の発生に深く関与していることを突き止めたから。

胃がん予防の可能性を開くピロリ菌の除菌。

それには梅肉エキスが効果があることが証明されている。

梅肉エキスは日本一のうめの産地、和歌山県みなべ町という医者いらずの町で作られて、販売されている。

和歌山県みなべ町では、この梅肉エキスが各家庭に常備されて、子供時から口にしており、これで町民一人当たりの医療費もずば抜けて低い水準となっている。

今回のノーベル賞の受賞で、梅肉エキスで医者いらずの理由がはっきりと証明された。

梅肉エキスサラ3点セットのお求めはこちら。

★梅肉エキスは楽エン本舗オンラインショップで。
http://www.rakuyen.com/
[PR]
by enjo1h | 2005-10-04 18:19 | ピロリ菌
<< 陰陽五行とは 患者カードなど対策強化 >>