偽国産の梅干し調査

梅干しの偽国産を追放しようと、農水省の外郭団体が初の抜き打ち調査を行った。

農林水産消費技術センターは11月28日から全国の小売店で約300の梅干しを抜き打ちで買い上げ、分析する。

悪質な違反例が見つかった場合はJAS法に基づいて、業者名の公表などに踏み切るとしいている。

輸入梅を原料とする梅干し価格は、国産の約3分の1.

輸入梅を原料とする梅干し需要は、出荷のほぼ半分までに増えている。

国産地を偽装する業者をどう識別したらいいのか、一般の消費者に分かるのだろうか。

今「楽エン本舗」で扱っている紀州南部産の梅を使った梅肉エキスは、和歌山県みなべ町にある地元業者「西山」という全国的に知られていないメーカーが製造している。

販売先も地元・和歌山県を中心に東海地方の農家などに売られているに過ぎない。

ネット通販を楽エン本舗でようやく全国展開で販売しているところで、地元で真面目にコツコツと地道に製造しているだけに、何とかしたいと思っている。

西山の梅肉エキスのお求めはこちら。
[PR]
by enjo1h | 2005-11-30 16:22 | 梅肉エキス
<< エンヨーのカーケアセット 西山の梅肉エキス >>