ゴールドゴーストで日本パンを作る夫妻

オーストラリア、ゴールドコーストの海岸は長い。

日本との時差がほとんどなく、日本人に人気のリゾート地。

人口45万人、うち日本人は5600人も住む。

現地に在住する日本人や日本から観光客で賑わうこの地で、田畑義人さんと貴恵さん夫妻がパン屋さん「アーティストカフェ」をオープンして、1年が経った。

日本のパンは日本人には人気はあるが、オーストラリアの人たちには浸透していない。

田畑義人さんは日本のパンをもっとオーストラリアの人たちで食べてもらいたい夢をもっている。

オーストラリアのパンは硬い。だからといってそれに合わせたパンを作ることは「負け」と、そのポリシーを曲げない。

そして試作を続けて、抹茶パンを作り上げ、大成功。瞬く間に完売した。

朝8時に厨房に入って、1日120個を作るというから、かなりの肉体労働ともいえる。

夫を支える貴恵さんは、寿司職人から転職しても何一つ心配しなかった。

借りに失敗しても、またやればいいとでも思っていたのか、成功すると信じていたのか、義人さんも精神的に救われたことだろう。

そして1年が経って、ようやく軌道に乗った。

田畑夫妻はこの地で、パンの食文化を変えるか。健闘を祈りたい。

★エンヨーの楽エン本舗は、頑張る地球家族を応援します。
[PR]
by enjo1h | 2006-03-01 19:50 | 夫婦
<< 赤い果実ブアメラ(レッドギニア... パックスオリ― >>