マクロビオティック

聞きなれない言葉を初めて耳にした。

マクロビオティック。

ブロガーが初めて知ったのは、「BUSINESS LOHAS 日本をロハスに変える30の方法」という本の中。

それによると、マクロビオティックとはギリシャ語で、「大きな生命」=「健康に生きる」という意味。

具体的には、持続可能な環境を守り、健康な生活を守るオーガニック食品代替医療分野の心身を健康に保つ食事療法として位置付ける。

中身は薬代わりの食事?

中国で言う薬食同源?

解説は続く。

「マクロビオティックは単なる食事法ではなく、陰陽五行説にもとづいた、人の生き方の根底をつかさどる哲学」

「その究極の目的は世界平和」

?・・マクロビオティックは格調高い高邁な理念を持っているということは素晴らしいこと・・

「身体を陽性にする食物と陰性にする食物、調理法を使い分けること。人それぞれの状態に応じ、食物や調理法のバランスをとることによって、心身を中庸に保ち、健康や平穏な気持ちを維持するためにある」(久司道夫氏)

世のため、人のため、社会のため、世界平和のために、正しい食事をとろうという哲学があるようだ。

★日本一のロハスはロハス楽エン。

日本ロハス協会(ロハスのフロントランナー)

☆マクロビオティックについて、ブロガーが初めて知ったのは、「BUSINESS LOHAS 日本をロハスに変える30の方法」という本の中ではありませんでした。それよりずーっと以前、ネットで読んでいました。訂正します。失礼しました。
[PR]
by enjo1h | 2006-05-04 16:54 | 陰陽五行
<< エンヨーで産業構造を変革か テレビ番組で居眠りを始めた元国会議員 >>