ロハスはみんなのもの

みんなのもの、公共財ともいえるロハスを商標登録した人がいました。

「ソコトコ」の編集長、小黒一三さん。

週刊エコノミスト06年6月6日号で、顔写真も掲載されて、はじめてその顔を知りました。

商標登録した理由は、「ロハスを乱用されたくなかった」からだといいます。

商標登録は、文字なり、言葉なり、記号なりを独占的に排他的にしようというものではないの?

商標法を調べました。

読んでみると、「需要者の利益を保護することを目的とする」とあります。

「ロハスを正しく使ってもらいたい。そのためにはロハスを守ることが先決」と言いますが・・

だから、商標登録?

本当は商売にしたかったのでは・・

ロハスをみんなが使えるようにしたほうがいい。

ロハスはすでに日本の社会に定着し、みんなの言葉になっているのだから・・みんなのためにロハスを使えるようにしたほうがいい。

よろしくお願いします。

自然を楽しく美しくロハス楽エン
[PR]
by enjo1h | 2006-06-07 16:32 | ロハス
<< ロハスの評判落とすな 人間と自然は不離一体 >>