ロハスの評判落とすな

ロハスの商標登録は、露骨な商魂を見せたと世間に反感を買ったのではないの?

せっかく日本でひそかに広がりを見せ始めたロハスという新しい生活価値観を絶やしたくない。

6月14日付け朝日新聞『ロハス遅すぎた自由化」で、世間のロハスに対する評判が落ちないのか危惧している。

新聞によれば、電通担当者の言葉を借りて「ロハスはもっと大きなうねりとなる」とする一方、「ロハスはもう鮮度が落ちてきた」と語ったとされる。

早速ロハスプロデューサーの大和田順子さんがその日にメルマガで反応した。

「あきれた」と。

ロハスを流行としか見ていないことに、電通担当者にご立腹。

しかしロハスを地道にやっている人たちにとって、商標登録をして、金儲けする人がいたことを知って、どういうこと?

何やっているんだという思いを強くしたのではないか。

ロハスの理念は素晴らしい。

しかしそれを取り巻く人たちが、ロハスを金儲けの対象で商標登録ビジネスを仕掛けたことは、理念への疑念を抱されることをしてしまったかも。

だとすれば、かなしい。

「ロハスの種、入ってます シャープの家電」

横浜市のヨドバシカメラのこのポスターを電通が作ったそうだ。

ところが三井物産、トド・プレスが不快感を示したという。

商標侵害だと思ったのだろうが、使わせればいいのに・・

ロハスはみんなのもの、公共財ではないのか。

ノンカフェイン タンポポコーヒー
有機インスタントコーヒークスコ
[PR]
by enjo1h | 2006-06-16 17:14 | ロハス
<< ボルネオゾウと森を守る取り組み ロハスはみんなのもの >>