カテゴリ:レッドギニア(ブアメラ)( 6 )

赤い果実ブアメラ(レッドギニア)はなぜ赤い

a0062237_10503934.jpg地球が誕生して、植物が生命を持ったとき、すべての植物の色は緑色、唯一の色だった(葉緑素)。

チャールズ・R・ダーウィンの「種の起源」によれば、その葉緑素は「植物の化学作用である変種や変異で、新しい色が進化した」という。

抗酸化力―――。

人類が最初に意識した色は太陽の光、火の赤だったといわれるが、パプアニューギニア島にしか生息しない、赤い果実ブアメラ(レッドギニア)は、赤い。

一方、青色は果実にしろ何にしろ、自然界の食材には存在しない色。

ではなぜ赤い果実は赤いのか?クイズ「世界ふしぎ発見!」。

植物が光合成を開始したときに、自ら体内に発生する酵素によって、酸化されるのを防ぐために、身を守るのが抗酸化力という色の防御システム。

藻類が海から地上に進出したときに強烈な紫外線から身を守ったのが、この色の防御システムだった。

果実は未成熟の緑色をしているとき光合成を行い、成熟すると、カロテノイドやアントシアニンが生成され、赤、黄、紫に変化する。

この色素の抗酸化力は種を守り、同時に色づくことで、鳥、昆虫、動物、人間などに食べてもいいというサインを送っている。ちなみに鳥は赤を識別できる。

赤色の色素はカテロイド。

ブアメラについては、まだ研究は始まったばかりだが、トマトには果実が成熟するに従ってリコピンが蓄積される。

このリコピンは過剰に発生した活性酸素や紫外線から、植物の細胞や種子を保護する大切な役割を果たしている。

と同時に果実が赤く色づくことで、赤い色が識別できる鳥が種子を運ぶことが出来るように、食べてもいいというシグナルを送っていることは先にも見た。

鳥ばかりでなく、昆虫も動物も赤色を食べる。そして人間も・・

植物の赤い色は、植物が種を切らさない、子々孫々の繁栄のため。

ブアメラことレッドギニアには生きのびるために、赤い赤い果実になっている。

赤い果実ブアメラはレッドギニア。パプアの原住民のサプリメントです。
★楽エン本舗でネット販売しています。お求めはこちら。

ブアメラ(レッドギニア)は、あの熱帯ジャングルで、生の豚肉の保存料としても使われています。

★写真集・レッドギニア・レッドパプア(ロハス健康応援団・LOHAS)
★パプアの人々写真集(ブログ日中アジア関係)
★パプアニューギニア写真集(ブログ旅行・観光)

なお、写真提供は楽エン本舗・ロハス楽エン。
★レッドギニア(ブアメラ研究室レッドパプア班)
★ブアメラ(ブアメラ研究室レッドパプア班)
[PR]
by enjo1h | 2006-03-07 23:52 | レッドギニア(ブアメラ)

石器時代さながらのレッドギニア

石器時代さながらの原始共産制が21世紀の現代に今なお存在する。

密林のジャングルに奥深く、ひっそりと暮らす原住民たち。

文明人で言うところのパンツらしきものをつけてはいるが、男と女もほとんど裸体。

電気もガスもない自然と共生して、なお現代に行き続ける人たちは、赤道よりほんの南に位置する島で、現代文明と隔離遮断されたところで共同体生活を送る。

a0062237_18342887.jpg

西イリアンの原住民たちはブアメラと呼ばれる、この地でしか生息しない独特の果実を料理して食べる。

鳥の骨や石器でブアメラの中味を取り出し外側の表皮を葉でくるみ、熱く焼けた石で蒸す。

軟らかくなったブアメラをほぐすと、次は水を入れて、こね回す。これで完了。

この石器時代さながらの料理による赤い油ブアメラ(レッドパプア)は、日本人にはよく分からない味覚だが、陽気な原住民たちはこれをおいしく楽しむ。

外国の方が日本のお茶の味がよくわからないようなもんだろうか。

実はこのブアメラは医者のいない原住民には大変な健康食品になっている。

★日本では楽エン本舗がこのブアメラ(レッドパプア)をレッドギニアとして販売しています。

お求めはこちら。


★赤い果実ブアメラはレッドギニア・レッドパプア写真集(パプアニューギニア)

★レッドギニア・ブアメラ写真集

★なお、パプアの原住民たちの写真を撮ってきました。

★ブアメラはなぜ赤い
[PR]
by enjo1h | 2006-02-06 18:34 | レッドギニア(ブアメラ)

レッドパプア・レッドギニア

a0062237_18165921.jpg甘いのでもなければ、辛いものでもない。苦いのでもなければ、酸っぱいのでもない。

少しも果実という味覚は感じられない。

日本人には味覚が分からないだけで、赤いブアメラ油、レッドギニアはインドネシアの原住民には、大変おいしいご馳走なのだ。

西イリアンの低湿地帯に多く見られる果実の一種は、乾期のみに食べることが出来る。

まずブアメラを縦に割り、鳥の骨や石器で中身を取り除く。

外側を30分石蒸しし、その後に水をかけてこね回す。これでお終い。

口にするのは赤い液汁、種は吐き出す。

味は植物油をもろに舐めているという感覚で、異なる食文化、食で異文化を体験できる。

このブアメラ(レッドパプア)には、豊富な栄養素が含まれて、原住民のサプリメント、健康補助食品となっている。

このブアメラ(レッドパプア)は、日本人に舐めやすくカプセルにして楽エン本舗がレッドギニアとして販売しています。

お求めはこちら。


量産できるものではないため、限定品です。

★ブアメラ(お掃除革命エンヨーお掃除用品)
★「赤い果実はなぜ赤い」など。
[PR]
by enjo1h | 2006-02-04 23:59 | レッドギニア(ブアメラ)

自給自足でレッドギニア

a0062237_18135983.jpgニューギニア島の東経141度線上に国境線を縦に引いて、西半分がインドネシア領。

島の中央にはマウケイ山脈などが縦に走る。

未開の熱帯ジャングルが広がるこの島には、標高4000メートル以上の高地に氷河が覆っていることに、まず驚かされる。

最高峰のジャヤ峰は標高5050メートルの高さを誇る。

この厳しい自然環境の中で、原住民は今も杭上家屋などに暮らし、タロイモ、サツマイモなどを原始的農法で作り、自給自足の生活を送っている。

医者はいない。

あるのは赤い果実レッドギニア(ブアメラ)、この果実の赤い油を口にする。

★お求めは楽エン本舗で。

★ブアメラ(お掃除革命エンヨーお掃除用品)
★「赤い果実はなぜ赤い」など。
[PR]
by enjo1h | 2006-02-03 00:01 | レッドギニア(ブアメラ)

レッドギニアは優れたバイオジェニックス

赤や黄の色素、カロテノイドは体内に発生する活性酸素を消去する抗酸化力があります。

このカロテノイドのように、生体に作用して体の機能を調節したり、健康づくりに役立つ生理活性物質をバイオジェニックスと呼んでいます。

バイオジェニックスは野菜の抗酸化力であります。

深夜労働や不規則な生活により悪化した体をスッキリ正常にすることが、バイオジェニックスです。

赤い果実ブアメラことレッドギニアは優れたバイオジェニックスです。

★レッドギニアは楽エン本舗でお買い求めできます。

ブアメラ(レッドギニア)は、あの熱帯ジャングルで、生の豚肉の保存料としても使われています。生肉で1ヶ月保存されるといわれています。

★写真集・レッドギニア・レッドパプア(ロハス健康応援団・LOHAS)
★パプアの人々写真集(ブログ日中アジア関係)
★パプアニューギニア写真集(ブログ旅行・観光)

なお、写真提供は楽エン本舗・ロハス楽エン。
★レッドギニア(ブアメラ研究室レッドパプア班)
★ブアメラ(ブアメラ研究室レッドパプア班)

★活性酸素と抗酸化力(レッドギニア)
[PR]
by enjo1h | 2006-02-02 17:35 | レッドギニア(ブアメラ)

資料集まらないブアメラ

ブアメラの資料を集めようにも日本では集まらない。

東京農大が調査したパプアニューギニアの農業でも、バナナについてはよく調べているが、ブアメラについては研究していない。

そこで現地インドネシアの資料を集めることになった。

ブアメラはパプアニューギニア島にしか生息しない。

ごく最近まで、現地の人たちさえ、危険なジャングルに入ることもなく、情報が遮断していた。

ようやく西暦2000年になって、現地の新聞社が、赤い果実ブアメラについて報じた。

インドネシアで、原住民がブアメラの赤い油を飲んでいる、と。

それが健康がいいと研究されたのも、時間の問題だった。

インドネシアでブアメラの名が知られるようになった。

ブアメラは楽エン本舗でまもなくお求めいただけます。
http://www.rakuyen.com/
[PR]
by enjo1h | 2006-01-18 23:58 | レッドギニア(ブアメラ)