<   2006年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

西洋と東洋に通ずる古代からの食の哲学

陰陽五行のカテゴリーにしていいのか、どうかと思いつつ、レシピについて書いてみました。

この歴史は遠く遡ること、紀元前5~6世紀から紀元前3世紀ごろは、日本では縄文土器時代の終わりから弥生時代が始まるころ。

ペルシアとギリシアの間で勃発したペルシア戦争が紀元前448年、紀元前460年。紀元前404年にはアテナイで三十人政権が政権を握ると記されています。

紀元前4世紀には、紀元前338年、 カイロネイアの戦いでマケドニア王国が、ギリシアを統一し、アケメネス朝を滅ぼしたころでした。

このころ西洋では、自然科学者たちによって、この世界の万物は、火、水、土、空気の4元素から成り立っていると考えられていました。

この4元素を基に、人間の気質を形作る4気質、身体を構成する4液体があり、このバランスが崩れたときに病気になると考えられていたようです。

このため、レシピが処方されたと言われています。こんな昔むかし、にです。

で、食べ物は、熱いもの、冷たいもの、乾いたもの、湿ったものに分類され、養生に適したレシピが処方されたのでした。

中国の陰陽五行や古代インドのアーユルヴェーダに通ずる考え方。日本の和食の定式も五味五色五行というのがあります。

食には古代から西洋と東洋に通ずる哲学があったのですから、不思議です。

★日本一のロハスはロハス楽エン。
自然を楽しく美しくロハス楽エン。
健康食材はロハス楽エンで。
[PR]
by enjo1h | 2006-05-27 21:39 | 陰陽五行

エンヨーで産業構造を変革か

ロハスな生き方をするといっても、ではロハスの商品はどこにあるのでしょうか。

これまでにもオーガニック食品や健康食品はありましたが・・

日本全国どこを探しても、たとえば合成洗剤を使わずに水だけで汚れを落とすオーストリアのエンヨーは、欧米のロハスコンシューマーに絶大の支持を得ていますが、日本でエンヨーの全商品を取り扱っているのは楽エン本舗だけです。

ロハスのフロントランナーである評論家は幾人かいますが、実際の生活に欠かせないまっとうな商品を提供しているのかとなると、どうだろうと思っています。

大量生産、大量消費の高度成長は、日本が工業先進国となり、人々も便利で快適な暮らしを送るようになった、その一方で、全国各地で公害が問題となり、公害に苦しみに被害を蒙り、不幸な事態に陥ったことも見逃してならないと思います。

環境問題がクローズアップされはじめ、善意の市民がリサイクル活動に参加して、市民の意識にも変化の兆しが見えましたが、それでも根本的な環境問題を解決するもではありません。

たとえばペットボトルをリサイクルすることは大量のエネルギーを消費します。

ロハスは新産業革命であり、環境革命であり、産業構造を根底からひっくり返すかもしれません。

ロハスはこれまでの大量生産、大量消費の成長時代の終わりを告げることでしょう。

エンヨーのお掃除用品を使うロハス人が増えれば、日本の川や湖や池などの水質を汚してきた合成洗剤は見向きもされず、大手メーカーは気付くだろうと思います。

儲からない合成洗剤の製造をやめて、新しい製品を開発せざるを得ない。産業構造を変革するかもしれません。

消費者はこれまでスーパーのチラシに踊らされ、店頭に山積みされた大手メーカーの合成洗剤を買い求めてきました。

テレビコマーシャルなどのメディアを読み解き、使いこなす能力の高い(メディア・リテラシー)消費者が、ロハスに移行することでしょう。
(どこかおかしい牛丼狂騒曲)

自立的な生き方をする消費者が日本でも着実に増えると思います。

そうした消費者ニーズにこたえるように、本物のロハス・サプライヤーを楽エン本舗は歩まなくてならないと思っています。

★日本一のロハスはロハス楽エン。自然を楽しく美しくロハス楽エン。
[PR]
by enjo1h | 2006-05-22 00:19 | エンヨーお掃除用品

マクロビオティック

聞きなれない言葉を初めて耳にした。

マクロビオティック。

ブロガーが初めて知ったのは、「BUSINESS LOHAS 日本をロハスに変える30の方法」という本の中。

それによると、マクロビオティックとはギリシャ語で、「大きな生命」=「健康に生きる」という意味。

具体的には、持続可能な環境を守り、健康な生活を守るオーガニック食品代替医療分野の心身を健康に保つ食事療法として位置付ける。

中身は薬代わりの食事?

中国で言う薬食同源?

解説は続く。

「マクロビオティックは単なる食事法ではなく、陰陽五行説にもとづいた、人の生き方の根底をつかさどる哲学」

「その究極の目的は世界平和」

?・・マクロビオティックは格調高い高邁な理念を持っているということは素晴らしいこと・・

「身体を陽性にする食物と陰性にする食物、調理法を使い分けること。人それぞれの状態に応じ、食物や調理法のバランスをとることによって、心身を中庸に保ち、健康や平穏な気持ちを維持するためにある」(久司道夫氏)

世のため、人のため、社会のため、世界平和のために、正しい食事をとろうという哲学があるようだ。

★日本一のロハスはロハス楽エン。

日本ロハス協会(ロハスのフロントランナー)

☆マクロビオティックについて、ブロガーが初めて知ったのは、「BUSINESS LOHAS 日本をロハスに変える30の方法」という本の中ではありませんでした。それよりずーっと以前、ネットで読んでいました。訂正します。失礼しました。
[PR]
by enjo1h | 2006-05-04 16:54 | 陰陽五行