<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ボルネオゾウと森を守る取り組み

第4回日本環境経営大賞「環境プロジェクト賞」受賞。

「ボルネオゾウと森を守るプロジェクト」と、6月17日、朝刊に自然派のサラヤの大きな新聞広告があった。

ボルネオゾウと森を守る取り組みが、評価されたことだろう。

広告はパーム油(アブラヤシ)のプランテーションが野生生物の生息域を侵食しているという現実に警鐘を鳴らす。

パーム油は世界で最も消費されている植物油。2005年の生産量で、大豆油を超えたという。

このうちの90%は、マレーシアやインドネシアの熱帯雨林が急激にパーム油へのプランテーションへ転換されたという。

そのため、ボルネオゾウやオランウータン、テングザルなどの貴重な動物が、すみかを追いやられ、植物や生物多様性にも悪影響を及ぼしている。

そして、ヤシノミ洗剤(エコマーク認定商品)や植物性洗たく洗剤パウ(バイオマスマーク認定商品)を製造販売しているサラヤ株式会社が、ボルネオの森を守る運動をしている。

だがヤシノミ洗剤を使わずに、水だけで汚れを落とせるお掃除用品があれば、この問題は解決するはず。

そんな夢のような商品が、実はオーストリアのエンヨーのクロス。

エンヨーのクロスは、合成洗剤もパーム油も使うことなく、水だけで汚れが落とせるすぐれもの。

植物性洗剤は環境に優しいようで、実は環境破壊をしている現実があることだけは注意しておきたい。

★地球に優しい太陽油脂はこちら。
★健康によいタンポポコーヒーはこちら。
[PR]
by enjo1h | 2006-06-20 19:32 | 環境

ロハスの評判落とすな

ロハスの商標登録は、露骨な商魂を見せたと世間に反感を買ったのではないの?

せっかく日本でひそかに広がりを見せ始めたロハスという新しい生活価値観を絶やしたくない。

6月14日付け朝日新聞『ロハス遅すぎた自由化」で、世間のロハスに対する評判が落ちないのか危惧している。

新聞によれば、電通担当者の言葉を借りて「ロハスはもっと大きなうねりとなる」とする一方、「ロハスはもう鮮度が落ちてきた」と語ったとされる。

早速ロハスプロデューサーの大和田順子さんがその日にメルマガで反応した。

「あきれた」と。

ロハスを流行としか見ていないことに、電通担当者にご立腹。

しかしロハスを地道にやっている人たちにとって、商標登録をして、金儲けする人がいたことを知って、どういうこと?

何やっているんだという思いを強くしたのではないか。

ロハスの理念は素晴らしい。

しかしそれを取り巻く人たちが、ロハスを金儲けの対象で商標登録ビジネスを仕掛けたことは、理念への疑念を抱されることをしてしまったかも。

だとすれば、かなしい。

「ロハスの種、入ってます シャープの家電」

横浜市のヨドバシカメラのこのポスターを電通が作ったそうだ。

ところが三井物産、トド・プレスが不快感を示したという。

商標侵害だと思ったのだろうが、使わせればいいのに・・

ロハスはみんなのもの、公共財ではないのか。

ノンカフェイン タンポポコーヒー
有機インスタントコーヒークスコ
[PR]
by enjo1h | 2006-06-16 17:14 | ロハス

ロハスはみんなのもの

みんなのもの、公共財ともいえるロハスを商標登録した人がいました。

「ソコトコ」の編集長、小黒一三さん。

週刊エコノミスト06年6月6日号で、顔写真も掲載されて、はじめてその顔を知りました。

商標登録した理由は、「ロハスを乱用されたくなかった」からだといいます。

商標登録は、文字なり、言葉なり、記号なりを独占的に排他的にしようというものではないの?

商標法を調べました。

読んでみると、「需要者の利益を保護することを目的とする」とあります。

「ロハスを正しく使ってもらいたい。そのためにはロハスを守ることが先決」と言いますが・・

だから、商標登録?

本当は商売にしたかったのでは・・

ロハスをみんなが使えるようにしたほうがいい。

ロハスはすでに日本の社会に定着し、みんなの言葉になっているのだから・・みんなのためにロハスを使えるようにしたほうがいい。

よろしくお願いします。

自然を楽しく美しくロハス楽エン
[PR]
by enjo1h | 2006-06-07 16:32 | ロハス

人間と自然は不離一体

環境問題とは人間と自然の関係はいかにあるべきかを問う問題。

自然の中で進化してきた人間は、自然を基盤にして存在してきたといっていいと思います。

古くは道元(1200-1253)。若くして宋に渡り、曹洞禅を学び、近頃ハーブの香りで心と体を癒すアロマテラピーなどでしきりに使われる「心身一如」は道元の言葉です。

「正法眼蔵」という本の中で、「心は草木」「心は自然」と言っていますが、自然と人間は不離一体の関係といっているのでしょうか。

正直ブロガーにはこの道元の真意について、よく理解していません。

ところが、この考え方は、日本の戦後60年の間に、どこかに忘れ去られた時期がありました。

大気汚染、水質汚濁、自然破壊・・

人間が求める便利さの引き換えに自然を破壊してきました。

環境破壊は経済開発によって生じます。

これを防止するには、経済発展を止めることがいちばん簡単なことですが、それが一番難しいかもしれません。

経済発展で恩恵を受けてきた人の中には、納得しない人がいるからです。

経済発展を続けながら、環境破壊を防止すること。この課題が今、私たちに問われていると思います。

エンヨーのお掃除用品は、合成洗剤を使わずに水だけで汚れが落とせます。

★日本一のロハスはロハス楽エン。
自然を楽しく美しくロハス楽エン。

食の安全、安心には楽エン本舗がお薦めです。
★日本一のロハスはロハス楽エン。自然を楽しく美しくロハス楽エンです。
[PR]
by enjo1h | 2006-06-03 15:36 | 環境

タンポポコーヒーは冷え性の方が多い女性に大人気

a0062237_2016998.jpgタンポポの根を主原料に、黒大豆、赤小豆、野草をプラスしました。

バランスのよい、カフェインレスのたんぽぽコーヒーです。

タンポポには、ビタミンやミネラル類が豊富に含まれています。

砂糖、着色料、防腐剤は使用していません。毎日のリラックスタイムに、美味しくヘルシーなたんぽぽコーヒーをお楽しみ下さい。

たんぽぽ根は体を温める作用がある為、冷え性の方が多い女性に大人気です。

賞味期限2年 です。 まるも です。ロハスです。

ノンカフェイン タンポポコーヒー 150gのお求めはこちら。
[PR]
by enjo1h | 2006-06-01 20:17 | 健康食品