陰陽五行とは

中国古代思想である陰陽五行とは何でしょうか?

陰陽五行説という言葉は、陰陽(いんよう)説と五行説とが組み合わされたもの。

今では、二つの説が別々に論じられないほど混り合ってしまったので、現在では陰陽五行説として一つに考えられているようです。

陰陽説とは、森羅万象のすべてを陰と陽の二相に還元する思想です。

陰と陽とは互いに対極の本質を持つが、事物に固有の属性ではなく相対的に決まる性質があるとします。

それは例えば日中のろうそくの火は陰だが、暗闇では陽となる、というようなこと、と説明されます。

絶対でなく、相対の思想。深い。

陰陽説によれば、天地創世は次のように説明されます。

「もともと宇宙は天地未分化の混沌状態」だったが、やがて軽く澄んだ気「陽」が 上昇して天となり、続いて重く濁った気「陰」が沈んで地となった。

つまり陰と陽はひとつの混沌状態(太極)から派生したものであり、いわば同根の関係にあり、そして互いに往来・交合する性質があります、と。

言われる天は陽、地は陰は、それほど単純ではないのですね。

五行説はもともと陰陽説とは別個に発展した五元論のようなものでしたが、陰陽説と結びついた結果、気の5つの様態を表すようになりました。

陰陽五行説では、陰と陽が交合した五つの状態を「木」・「火」・「土」・「金」・「水」と分類します。

この中で木気は最も陽で水気は最も陰、土気はちょうど中間の状態とされます。

木火土金水という五行から万物が成り立っていて、それが消長し、結び合い、ぐるぐる循環することによって、あらゆる現象が出てくると考え、陰陽という二つの対立、これと五つの数とを観念的に組み合わせました。

この万物に当てたのが陰陽五行説ということができます。

★おならには腸内を整えるラクトファイバーエチケットがお薦めです。

★自然を 楽しく 美しく ロハス楽エン
★レッドギニアは楽エン本舗で。
[PR]
# by enjo1h | 2005-10-10 20:01 | 陰陽五行

ピロリ菌でノーベル賞

ピロリ菌の発見でノーベル賞と知って、少し興奮した。

つい数日前に、ピロリ菌について、ブログに書いていたから。

スウェーデンのカロリンスカ医科大学が10月3日、今年のノーベル医学生理学賞をオーストラリアのバリー・マーシャルにしオーストラリア大学教授(54)と病院専門医ロビン・ウォーレン博士(68)に贈ると発表した。

理由はピロリ菌が胃潰瘍(かいよう)の発生に深く関与していることを突き止めたから。

胃がん予防の可能性を開くピロリ菌の除菌。

それには梅肉エキスが効果があることが証明されている。

梅肉エキスは日本一のうめの産地、和歌山県みなべ町という医者いらずの町で作られて、販売されている。

和歌山県みなべ町では、この梅肉エキスが各家庭に常備されて、子供時から口にしており、これで町民一人当たりの医療費もずば抜けて低い水準となっている。

今回のノーベル賞の受賞で、梅肉エキスで医者いらずの理由がはっきりと証明された。

梅肉エキスサラ3点セットのお求めはこちら。

★梅肉エキスは楽エン本舗オンラインショップで。
http://www.rakuyen.com/
[PR]
# by enjo1h | 2005-10-04 18:19 | ピロリ菌

患者カードなど対策強化

厚生労働省が来年度からアレルギー治療対策を強化することになった。

適切な救急医療が受けられる病歴などを記入して常に身に付けて、喘息(ぜんそく)患者カードで情報の共有化を図ろうといもの。

そして地域ネットワーク作りなど診療体制の整備に乗り出すというもの。

恐るべき、国民の3人に1人がアレルギー疾患といわれる日本の国民病。

この状況を改善するため、国は来年度06年度からの5年計画で初のアレルギー総合対策に取り組む。

気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎、花粉症、食物アレルギー疾患を持つ人は、国民の30%以上。

中でも深刻なのはぜんそくで、03年には3,701人が死亡し、アレルギー関連死の99%を占めたとされる。

都道府県に最低1カ所は基幹病院を決めて、ネットワーク化して、対応するというから、大いに期待したい。

エンヨー製品は楽エン本舗で。
http://www.rakuyen.com/

9月7日記
[PR]
# by enjo1h | 2005-10-02 18:08 | アレルギー

アトピーに新治療か

アトピー新治療に期待のかかる研究がなされている。

慢性アレルギー反応の引き金役を「好塩基球(塩基好性白血球)」と呼ばれる白血球の一種が果たしているという。

好塩基球は、甲状腺中毒症、急性のアレルギー反応(過敏症反応)、感染などに対する反応として、好塩基球の数が減少することがあり(好塩基球減少症)、また甲状腺機能低下症では、好塩基球数の増加がみられる(好塩基球増加症)事で専門家の間ではよく知られているもの。

この引き金役(好塩基球)を止めれば、反応は起こらない。

これがアトピー性皮膚炎などの新治療につながると期待される。

この実験はマウス実験により、東京医科歯科大学の烏山一教授(免疫アレルギー学)のグループが見つけたもの。

これが早く実用化されないものか、心待ちにしている方も多かろう。

早急になされることを期待したい。

★お掃除革命エンヨーは楽エン本舗で。
http://www.rakuyen.com/

8月24日記
[PR]
# by enjo1h | 2005-10-01 18:02 | アトピー